電話の対応を電話代行業者に委託すると人件費を節約することができます。その方法は、電話の転送機能を利用することと、バーチャルオフィスサービスを持つ方法があるのです。

バーチャルオフィスとは、電話を受ける場所を架空のオフィスとして機能させる方法で、会社の場所が新潟県の場合、東京事務所と言う名称で顧客に紹介しておけば可能となります。転送機能を使う場合は、お客様は会社の電話にかければ転送されて、さもその会社の事務室にいるような感覚で行えるのです。電話代行は、受信回数によって料金が異なります。代行契約を結ぶ前に、週に何回程度と言ったことを提示すれば、凡その月額料金を設定でき、驚くほどの安価で引き受けてもらえるのです。バーチャルオフィスサービスには別途料金が必要となります。他にもかかって来た電話に休日を知らせるサービスを付加したり、製品などに対する細かな説明が要求される場合は、別途オプション契約もありますから、対応の選択依頼は自由です。

この様に、電話代行を利用すれば人員不足も解消されますし、プロのオペレーターが対処することにより、顧客に対して会社の信頼度も向上していくと思います。